information

お知らせ

ホーム > お知らせ > デジタルサイネージジャパン 2013に出展いたしました

デジタルサイネージジャパン 2013に出展いたしました

[Updated:2016.10.04]

幕張メッセにて2013年6月12日から3日間開催された、Digital Signage Japan 2013(DSJ2013)にDISEブースを出展しました。

今回の展示では、国内外の各ハードメーカー様とコラボレーションし各社の特長を活かしたソリューションをご紹介いたしました。

湾曲可能な大型プラズマディスプレイ「SHiPLA」

篠田プラズマ製 SHiPLA(シプラ)株式会社篠田プラズマのコーナーでは、同社製品である湾曲が可能な大型プラズマディスプレイ「SHiPLA」の特長を活かし、DISEならではのダイナミックなコンテンツを展示いたしました。

解像度「6K」の9面マルチスクリーン

超高解像度9面マルチスクリーン株式会社NECディスプレイソリューションズのコーナーでは、マルチスクリーン用のベゼルの薄いディスプレイ9面を使用した、5760×3240という超高解像度のコンテンツを展示し、DISEの「同期精度」と「高精細・高画質」をアピールいたしました。

1:1の正方形ディスプレイ

サムソン製正方形ディスプレイ株式会社エヌジーシーのコーナーでは、サムソン製のタイル型ディスプレイ5面による十字型のマルチスクリーンを使用した、空間演出コンテンツを展示しました。特殊な解像度のディスプレイであってもDISEなら、コンテンツの制作から再生まで柔軟に対応可能であることをご紹介いたしました。

DISE Android プレーヤー

DISE Android プレーヤーAndroid OS上で動作可能なDISE Androidプレーヤーを参考出品いたしました。複数台のAndroid端末をローカルネットワーク上で同期再生します。

また、産学連携の試みとして、東京工科大学の学生がコンテンツの企画・制作を担当した東京工科大学コーナーや、屋外用のタッチパネル筐体を展示した株式会社アシストのコーナー、iBASEとAOPENのデジタルサイネージプレーヤー(STB)のラインナップも展示いたしました。

最後に今回の展示会期間中、DISEブースへご来場いただきました皆様に、スタッフ一同厚く御礼申し上げます。