case

事例

ホーム > 事例 > 交通機関 > カラスコ空港に設置された140台の42型プラズマディスプレイ

カラスコ空港に設置された140台の42型プラズマディスプレイ

Category 交通機関
Location ウルグアイ東方共和国
Updated 2010.07.10

ウルグアイ東方共和国の首都モンテビデオにあるウルグアイ最大の空港、カラスコ国際空港全体のデジタルサイネージソフトウェアとしてDISEが採用されました。


空港には42インチのプラズマモニタが140スクリーンあり、コンテンツの制作、配信、再生、管理まで、その全てがDISEソフトウェアで運営されています。1階には40のスクリーン。2階とテラスエリアにはそれぞれ85スクリーン、15スクリーンが設置されており、出発、到着情報はもちろん、荷物やゲート情報、免税店の情報などが広告とともに表示されています。
空港におけるデジタルサイネージの最大の目的の一つは、旅行者に渡航の正確な情報をリアルタイムで提供することにある。DISEによって空港中央のデータセンターにあるデータベースサーバーの必要な情報が収集、表示されており、変更があった場合即座に表示に反映されるのもDISEが選ばれた大きな理由のひとつである。