case

事例

ホーム > 事例 > リテール > 香港ファッションビルの大型LEDデジタルサイネージ

香港ファッションビルの大型LEDデジタルサイネージ

Category リテール
Location 香港
Updated 2011.02.10

日本の商社と香港の上場企業が設立した合弁会社の、リテール旗艦店が香港のコーズウェイベイにある。 香港随一の人気ショッピング街にあるこの旗艦店は、日本、ヨーロッパ、アメリカの80以上の有名ファッションブランドを揃え、中には「渋谷」の最新ブランドも含まれる。
3階建の店舗正面には巨大なLEDスクリーンを設置、デジタルサイネージを展開。各ブランドの主に静止画などの素材がデジタルサイネージソフトウェア“DISE”によって動きのある動画コンテンツに加工され、配信、再生されている。
同店は日本の最新ファッションとライフスタイル・トレンドを香港の消費者に紹介し、香港での地歩を固めることも目指している為、コンテンツは日本語でも展開されている。
DISEなら静止画数枚あれば、レンダリングなしでリッチな動画コンテンツを容易に、しかもコストをかけずに制作出来る。