case

事例

ホーム > 事例 > 教育機関 > 香港で積極的に導入されるキャンパスデジタルサイネージ

香港で積極的に導入されるキャンパスデジタルサイネージ

Category 教育機関
Location 香港
Updated 2010.11.10

香港科学技術大学や、香港大学などでは、キャンパス内の学生が集まるホールや食堂などにデジタルサイネージの導入が積極的に行われている。
キャンパス内にはコントロールルームが設けられ、大学職員がデジタルサイネージソフトウェアDISEによって学生向け、職員向け、学部ごとなど多岐に渡る情報を管理し、コンテンツの制作から、配信、再生、そして広大なキャンパスに点在するスクリーンの監視までを一箇所で行っている。

DISEはリアルタイムレンダリングエンジンを備え、コンテンツのレンダリングの必要がないため、更新後すぐさま配信と再生が可能です。
休講情報や学内イベント、就職情報など鮮度が重要なインフォメーションをリアルタイムで学生に伝える事に役立っています。